【オシャレつくりびと】フラミンゴのベレー帽にピーコさんも感激!

IMG_79262
スポンサードリンク

今回のオシャレつくりびとは熊本県宇城市松橋にある『フラミンゴ』

日本ではもう2件ほどしかないというベレー帽を作っている会社です。IMG_79262

ずらりと並んでいるベレー帽にきゅんきゅん。
ベレー帽ってコロンとした形も色もかわいいですよね♡

でも、作り方って?
あの形ってどう作ってるんだろう?

全く知りませんでした。

その作り方にびっくり!!
ものすごく手間と時間がかかるんです!

まず、ベレー帽を編む機械がこちら!
なんと!ベレー帽ってウールの1本の糸から編んでいくんです!!
IMG_7870

50年選手の機械。
修理するところがないので、壊れたら自分たちで修理するそうです。

IMG_7868

この機械、見とれちゃいました。かっこいい。。。

IMG_7871

ここでベースの形を編み、その後編み機で丸っこい形に縫い合わせます。
IMG_0089
この作業がまた細やかですごい!
これであの丸っこい形ができあがります。

その後、50度のお湯で1時間半洗います。
IMG_0092

なんと!!
これで一気に素材感が変わるんです!!
毛羽立ってフェルトっぽくなってるっ!!
これはびっくりでしたっ!!IMG_0091サイズもグッと縮んで、ベレー帽らしくなります。
洗いが大切なんですね。

その後はこの大きな機械で色を染めていきます。IMG_7907染める時のお水は阿蘇山系の地下水を使っているそうです。

そして、ゴリゴリした機械で4回ほど繰り返し揉んで、毛羽立った表面を馴染ませ、よりフェルト感を出していきます。IMG_0093

Sponsored Link



はぁ。。。
すごいなぁ。
ここまでの作業工程も多くてびっくりだったんですが、
まだまだ作業は続いていくんです!!

次は温めた丸っこい金型に入れてきれいに形を整えていきます。
この金型150度!
一個一個手作業で形を整えていくんですよー!
(時々やけどしちゃうらしいです。。。)
IMG_7897で、窯入れして冷やして形をしっかり定着させます。

その後、滑らかな表面にするためにバリカンで毛を刈ります。
IMG_7902

全ての工程は書けないので省略しちゃっていますが、1個出来上がるのにものすごく時間がかかっています。
IMG_7879
シンプルな形なので、もっと簡単にベレー帽って作られているのかと思ってました。。。
こんなにもたくさんの人達の手がかけられているなんて!!

もちろん海外などでもっと簡潔に機械で作っているベレー帽も多いようですが、フラミンゴでは、一個一個時間をかけて丁寧に作られているんです。

この工程を見るとより愛着が湧きますね。
IMG_7927

私もすっかりベレー帽の魅力にはまってしまいました。

こういう明るい色も良いですよね♪
IMG_7914

かぶり方は研究しなきゃ。
うまくコーディネートに取り入れられるようになりたい。

最後にピーコさんのお言葉。IMG_7862

丁寧にモノ作りをしている姿ってかっこいい。
今回も勉強になりました。

IMG_7857

フラミンゴの皆様、お邪魔しました。
ありがとうございました。

次回はどんなオシャレつくりびとに会えるのか楽しみ♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です